2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Tp5年目:「音楽的」とか「音楽表現」という抽象概念

 音楽家が当たり前にに使う言葉に「音楽的」「音楽表現」がある。文字で読んでも、どのような演奏や曲が「音楽的」なのか、何がどうすることが「音楽表現」なのか、さっぱり分からなかった。ヤマハのジャズトランペットレッスンで「音楽的なフレーズが作れましたね」と言われても何だか分からなかった。本を読んでもこれらの言葉の定義や解説は見当たらない。定義が〆さえないまま抽象概念が僕の目の前や耳の横を通り過ぎていく。

 個人レッスンでアーバンのデュエット曲を教わっている。「この曲は(或いは、「この曲のこの部分は」)、これこれだから、斯く斯くのように吹いた方が良い。今は、こんな風に吹いてしまっている。」先生が、お手本と僕の吹き方とを吹き比べてくれる。こんな風に教わって、先生の考える吹き方がどんなものか、僕の吹き方とどのように違って聞こえるのかが段々判ってきた。

 昨日、王子ホールで東京都交響楽団の若手奏者による「天上の音楽 モーツァルト フルート四重奏の夕べ」というコンサートを聴いた。聴きながら、レッスンでのことを振り返り、何となく「音楽的」「音楽表現」という言葉が示すものが少し判ったような気がした。
[PR]
by YTR3320 | 2011-11-07 20:44 | 40代半ばからのトランペット