2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Tp:目標が高すぎると感じたら躊躇無く引き下げる

 練習メニューは、頻繁に見直している。取り組んでみて、今の自分にはハードルが高すぎると思ったら、課題を何段かに分解してみる。分解しても最初の段が高すぎたら、ちょっと頑張れば達成出来そうな課題・譜面に躊躇無く切り替えている。

 マイナスの状態で40代半ばでトランペットをやり直して今は50代。例えて言えば、一段抜き、二段抜きで階段を駆け上がれる歳では無い。目指している山の頂きに向けて最短距離を直登しようと思おうものなら、頂きの遠さに目眩がする。

 目の前の小さな頂きやコブをまず乗り越える。30分か1時間歩いたら辿り着けそうな場所を地図で確認して、そこを目指して歩き始める。とりあえず目指したコブを越えたら、次のコブや峠を目指して歩き始める。思ったより時間がかかってしまいそうになったら、最初に考えた場所の手前までとりあえず歩いて一休みする。そうして、少しずつ高度を稼ぐ。

 今年、何度目かの再挑戦したBlues Improvisationは、音域やテンポ、リズムの点で中断。音域を広げ音程を安定させる為の舌の移動と位置、指の運動、Donna Leeのテーマへのこれまた何度目かの再挑戦に練習課題を転換し、じっくり取り組んだ。

 Donna Leeのテーマは、メロディをいくつかの塊に分けてそれぞれを繰り返し練習するところから始めた。今日は、間違いはあったけれど、テンポ120でメトロノームに合わせと完奏することが出来た。8分音符が連続するフレーズで早くならずに吹けた。ヤマハのジャズトランペットクラスでDonna Leeを渡されたのが2005年6月か7月だから、ジグザグ道を6年がかりで登って来て、ようやくテンポ120でのテーマ演奏に辿り着いた。次の目標は、同じテンポで間違いを減らすこと。それが出来たら、少しずつテンポを上げて180くらいで吹くのが最終目標。
それにしてもDonna Leeのメロディ・ラインは何と美しいのだろう。

 Donna Leeのテーマ練習を通じて8分音符に慣れてきたこと、高い音への上下行がスムーズになってきたことから、8分音符の連続を正確に吹くこととコードを覚えることを目的にIIm-V-Iを4拍子、テンポ120、8分音符で吹くトレーニングも始めた。これもヤマハで2006年の初めに教材を貰ってから、何度も挑戦しては、ハードルの高さに中断していたものだ。

 こなせない練習メニューに固執せず、出来そうなことを少しずつ消化してきたのは、自分にとって正解だったと思う。知人のジャズセッションに参加するという目標までは、まだまだ遠いけれど、少しずつ手の届く課題をこなしながら、最終目標に近付いていこう。
[PR]
by YTR3320 | 2011-11-03 18:11 | 40代半ばからのトランペット