2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Tp5年目:トランペット初心者のメトロノームの使い方

日本語で書かれたトランペットの教本には、殆どの場合、メトロノームに合わせて練習するように書いてある。初心者向けの教本でもそうだ。

 けれども、僕は自分の経験から初心者であればこそ、練習曲やトレーニングの課題に取り組む時には、メトロノームを聞いて吹かない方が良いのでは無いかと考えている。

 トランペットは、頭が忙しいと音が出ない楽器だ。音程、リズム、指使いが安定していない状態でメトロノームに意識が向かうと頭が忙しくなり過ぎる。その結果、指が乱れたり、呼吸が浅くなって息が出なかったりする。上手く吹けずに、できなかったと言う記憶でその日の練習を終えることになる。嫌な記憶は上達を妨げる。

 初めての曲、課題に取り組む時には、まずは、メトロノームを使わずに手拍子に合わせて歌う。次にメトロノームを使うにしても、トランペットを持たずに手拍子をしながら歌う。そして、リズムを身体に入れてから、何度も自分のテンポでメトロノームを使わずに吹いてみる。音程が安定し、指使いも覚えて、リズムも分かってきたら、初めてメトロノームを聞きながら吹いてみる。メトロノームを聞きながら吹くのは、課題や曲を仕上げる最後の調整作業だ。テンポが途中で早くなったり、遅くなっていないかを確認することが最後にメトロノームを使う目的だ。

 今年の春からドナ・リーのテーマに取り組んでいる。始めて1ヶ月か2ヶ月経った時、、テンポを100くらいにしてメトロノームを聞きながら吹いて練習しようとした。ゆっくりのテンポなら大丈夫だろうと思ったが、メトロノームに気を取られて散々だった。その後はメトロノームは使わずに、指使い、音程、息の使い方、リズムを少しずつ覚えることに専念した。先週になってようやく、120くらいの自分のテンポでなら指も音も余り間違えずに、1コーラスを吹き通せるようになってきた。そこで、今週初めから120にセットしたメトロノームに合わせて吹くことを始めた。数ヶ月前に比べれば、随分余裕を持ってメトロノームを聞くことが出来るようになっていた。
[PR]
by YTR3320 | 2011-10-27 18:04 | 40代半ばからのトランペット