2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Tp:急がば回れ-疲れたら休む・飽きたら休む

 今の先生に習う前に、闇雲な練習をして唇が何ヶ月も固まったままだったことがある。だから、トランペットについてマスターすべき課題、やりたいことは沢山あるけれど、焦らないようにしている。

 練習の中で疲れを溜めないようにしている。50代に突入してしまったので、唇や筋肉が疲れ切ってしまったら回復に時間が掛かってしまう。疲れる前に休むことが理想。疲れ切る前に、休憩することは必須だ。その代わり、短時間に集中して休憩を挟みながらたくさんの課題に取り組むようにしている。

 うまく吹けないフレーズ、小節を長時間反復練習するより、1回の練習では短く集中して練習し、できるだけ毎日練習時間を確保する方が、50代の初心者には良いと思う。1回に同じ課題を長時間練習すると疲れて最後は上手に出来なくなり、いやな気持ちと疲労が残る。それよりも、前回の練習よりほんの少しでも上手くできたら、そこでその課題は止めて別の課題に取り組んだ方が良いと思っている。練習を続けていれば、数ミリずつ、半小節ずつでも前に進むことができる。

 何度もトライしては歯が立たなかったことも唇の筋肉が出来上がったり、舌が動くようになると取り組むことが可能になる。例えば、僕の場合は5年前にヤマハで宿題として与えられたIIm-V-Iの暗記に何度も取り組んでは、挫折したが、五線譜の上のドの音が出るようになり、舌の動きが判ってきた最近、漸く暗記に取り組むことができるようになった。今年2月か3月から始めたDonna Leeのテーマもようやくテンポ120で吹けるようになった。焦らず、じっくりと基礎練習を重ね、Donna Leeのテーマ練習も毎回必ずやるけれど、決してそれだけを長時間は取り組まず、前より少しでも進んだら切り上げると言うことを繰り返して、尺取り虫のように進んできたからだと思う。

 中年になってから始めるトランペットに近道は無いと思う。疲れを溜めないように休憩を挟み、それぞれの課題を少しでも前に進んだ状態・記憶で切り上げる。そしてできることなら毎日、毎日が難しければ週に終日の練習を続ける。そうすれば、気が付いたときには、無理だと思っていたところに辿り着くことができる。山を苦しい思いをして歩き続けて、峠から来た道を振り向いたときのように。

 
 
[PR]
by YTR3320 | 2011-10-21 00:02 | 40代半ばからのトランペット | Comments(0)