2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Tp:シミュレーションが楽しくなってきた

 ヤマハのジャズトランペットレッスンに通い始めの頃は、フレーズが一つも浮かばず、そもそも音がきちんと出せていなかった。だから、宿題としてやるように言われていたシミュレーションに取り組むのは辛いだけだった。シミュレーションとは、コード譜をみながら、最終的には見ないで、マイナスワンも聞かないで、ブルースやその時の課題曲のアドリブを吹いてみることだ。

 最近、五線譜の上のドの音が出せるようになってきた。シ♭までならIn The Moodを吹いても、かなり安定して出せるようになった。音色、響きは、まだまだ改善が必要だ。それでも、出せる音が増えたので、シミュレーションに少しずつ取り組めるようになった。

ヤマハのレッスンでの今の課題曲Bye Bye Blackbirdのマイナスワンを聞きながら吹いたり、マイナスワン無しにメトロノームに合わせてテーマを歌ってから何となく頭に浮かんだメロディを吹いたり。或いは、メトロノームに合わせてBye Bye Blackbirdのテーマをイメージしながら何となく頭に浮かんだフレーズを歌ってから吹いたり。何だか分からないけれども、適当な歌みたいなものを歌っている内に、このフレーズを吹いてみようと思ったら吹いてみたり。時には、その日に決めた練習プログラムの間にふと口ずさんだ2小節くらいのフレーズを吹いてみて、実際の音を確かめたりもする。

音楽の引き出しが、まだまだ少ないから、リズムも音の組み合わせ、跳躍、上下行は単調だ。テクニックが無いから、浮かんだフレーズを再現することがままならないこともある。1曲の長さ、Bye Bye Blackbirdなら32小節の長さを吹ききることができなかったりもする。きっと録音したら、恥ずかしく聞き返せないだろう。それでも、ビッグバンドのパート譜、アンサンブルのパート譜の練習に飽きた時に、シミュレーションをするのは楽しい。

何だか、子どもの時に鉄人28号やエイトマンの歌を適当にがなりたてていた時や、バイクに乗っていた時にフルフェイスのヘルメットの中で、色々なうろ覚えの歌を歌っていた時のような楽しさだ。
 
[PR]
by YTR3320 | 2011-10-19 22:18 | 40代半ばからのトランペット