2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Tp5年目:ハーマンミュートで基本を再確認した

今日は、サックスの先生が吹きやすいように易しく直してくれたLil Darlinのトランペットソロの譜面をワウワウミュート、俗に言うハーマンミュートを付けて練習してみた。ハーマンミュートを付けて吹くこと自体が、まだ今日で数回目だ。

 ハーマンミュートを付けて吹いてみて、感じたことが2つある。
 ヤマハでビッグバンドを教えているトランペッターの中川喜弘さんは、ホームページなどで上唇を中に巻き込むように、上唇の上縁がマウスピースからはみ出さないように唇をマウスピースにセットすることが大事だと書いている。そのようにセットして維持しないと、特にハーマンミュートで音を出し続けるのは難しいと感じた。これが一つ目だ。ハーマンミュートを付けると、息の抵抗が一気に強くなる。抵抗に負けない息を出そうとすると力が入る。きちんとお腹に力を入れずに強い息を出そうとすると、顔、特に頬の辺りに力が入り、唇がめくりあがる。唇が開いて内側がマウスピースに当たると、唇がすぐに疲れる(充血するような感じになる)のだ。

もう一つ、感じたことは、ハーマンミュートを付けて吹く時に舌の位置、息の当て方のイメージが雑だと音程が変わってくれないと言うことだ。舌の位置が適切であれば、息の量が少なくても音程は変わってくれる。

ハーマンミュートのお陰で唇のセッティングと舌の位置を再確認した。唇のセッティングと舌の位置が安定するまで、時々ハーマンミュートを付けて練習してみようかな。
[PR]
by YTR3320 | 2011-09-24 18:32 | 40代半ばからのトランペット | Comments(0)