2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Tp5年目:全身鏡に向かって練習する理由

 普段練習で使っているスタジオには壁の一面に高さ2メートルぐらいの鏡が貼り付けてある。2時間弱の練習の内の30分から場合によっては1時間くらいは、この鏡に向かい合って吹いている。
鏡を見ていると、自分で意識していなかった身体の動き、無用と思われる力の入り方が見えるからだ。

 練習場所をカラオケ屋からスタジオに替えて、鏡を見て最初に気が付いたのがトランペットのベルの向き。何も考えていなかったときにはベルが斜め横向き30度ぐらいの角度になっていた。その後、首に力が入っていることに気が付いたり、リップスラーで高い音に移るときに首が前に出てしまう癖に鏡を見て気が付き、一つ一つ悪い癖、意味の無さそうな動作・不必要に力が入っている動作を矯正していった。

 最近は、Donna Leeのテーマを吹くときに首が動いてしまっていないか、唇の形が必要以上に変化していないか(僕が目指しているのは、唇がマウスピースに当たっていないのではないかと見えるくらいソフトにマウスピースに当たり、音の高低に関わらず唇の形が一見変化していないように見えるような吹き方だ。ガンシュ兄弟の吹き方や岡崎好朗さんの吹き方を目指している。)、3番管を抜き差しするときにトランペットが動いてしまっていないかをチェックし、どうやったら意味のない動きを減らし、無駄なエネルギーを使わずにトランペットを吹けるようになるか試行錯誤しながら鏡に向かって練習している。

 
[PR]
by YTR3320 | 2011-07-16 14:55 | 40代半ばからのトランペット