2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Tp5年目:サックスプレイヤーに聞いたトランペットの難しさ

プロのサックスブレイヤーで、時々トランペットも吹くと言う人にサックスプレイヤーから見たトランペットの難しさを聞いた。「トランペットの難しいところは、狙わないと音、特に高音が出せないところだね。それとリップスラー。高い音が出るかどうかは、その時の体調による部分もあるけど、サックスと違って同じ指使いで高さの違う音を出すから、出したい音のイメージをきちんと持っていないと音程がずれてしまうね。」とのことだった。

 確かにそうだ。習い始めの3年くらいの間は、音程が分からないのでソを吹いているつもりで同じ指使いのドがでるようなことが度々あった。今でも、サックスクラスの人達との疑似バンドや自由演奏会で、釣られたり、自分の音を見失って違う高さの音を吹いてしまうことがある。きちんと音程のイメージを持てない時だ。音程通りに歌えない楽譜を吹く時も音を間違ってしまう。

 音程のイメージをきちんと持って基礎練習、音階練習を丁寧に繰り返してみよう。

サックスも弁を押せばその音が出ると思っている人の音程は悪いそうだ。トランペットを吹くように、音のイメージを持ってロングトーンを吹くことを教えると音程が良くなり、チューナーが無くてもピタッと合うようになるのだそうだ。
[PR]
by YTR3320 | 2011-07-11 18:00 | 40代半ばからのトランペット | Comments(0)