2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Tp5年目:トランペットで使う腹筋と鍛え方

 練習の始めの30分間では、五線譜の上のシ(B)まで出すことが出来るようになってきた。けれども、練習している内に、その日に出せる最も高い音が段々下がって来て、結局五線譜のすぐ上のソ(G)の音がやっとになってしまう。

 原因をあれこれ考えてみた。臍の下、いわゆる丹田と呼ばれる辺りに力が入らなくなり、強く深い息を体の下から「フッ」と出せなくなっているようだった。レッスンで先生の音、息の強さと自分の音、息の強さを比べて見ても、先生の方が、お腹の下の方から強く深い息を出している。この差は、はっきりしている。

 トランペットをゼロからやり直して1年か2年しか経っていない時に先生に腹筋について質問した。その時は、鍛え過ぎると硬くなってトランペットでの呼吸を妨げる可能性があるし、練習を積み重ねている内に自然に必要な筋肉がついてくるので、わざわざ腹筋のトレーニングを行なう必要は無いだろうと言うことだった。

 改めて、先生に腹筋の持久力をつけるにはどうしたら良いのかと質問して、トランペットを吹くのに必要な腹筋だけを鍛える方法を教えて貰った。椅子に浅く(縁に腰を載せるくらい)腰を掛けて、足を曲げたまま床から1センチか2センチだけ浮かし、後ろに倒れそうにになる上半身を腹筋の下側を使って起こすと言うものだ。先生はこの状態でトランペットを吹くことができる。僕は、全く音を出すことができなかった。

  一般的な腹筋のトレーニングはしない方が良いとのこと。又、トレーニングのやり過ぎると疲れが抜けないので、やり過ぎないようにと言われた。教わった方法でゆっくりと腹筋を鍛えて行こう。
[PR]
by YTR3320 | 2011-02-21 22:42 | 40代半ばからのトランペット