2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

楽しい時間は過ぎるのが速いー「ブラス・クインテットの響き」を聴いた

 上野の東京文化会館小ホールで「都響メンバーによる室内楽トークコンサート Vol. 6 ブラス・クインテットの響き」を聴いてきた。東京メトロポリタン・ブラス・クインテットの名前で活動し、CDも何枚か出している東京都交響楽団の高橋敦さん(tp)、中山隆崇さん(tp)、西條貴人(hr)、小田桐寛之さん(tb)、佐藤潔さん(tub)の5名による金管五重奏だ。20分の休憩時間を含めアンコールを入れてぴったり2時間。アンコールが終わって、もっともっと演奏を聴きたい、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうものだな、と思った。

 演奏曲目は
バッハ:イタリア協奏曲より「プレスト」
バッハ:レグレンツィの主題によるフーガ
マーラー:さすらう若人の歌より「けさ野辺を歩けば」
マーラー:子供の不思議な角笛より「原光」
エワルド:金管五重奏曲第1番
すぎやまこういち:金管五重奏による「ドラゴンクエスト」より  
 ・序曲(DQⅠ)
 ・サンディのテーマ〜サンディの泪〜サンディのテーマ(DQⅨ)、
 ・愛の旋律(DQⅤ)、
 ・街〜楽しいカジノ(DQⅣ)、
 ・決戦の時(DQⅨ)、
 ・この道わが旅(DQⅡ)

マーラーは美しく、とても心地好かった。
エワルドの金管五重奏曲第1番は、複雑なフレーズ、ハーモニーが続く。とくに最後の第三楽章の複雑さと演奏が素晴らしかった。最後列ぐらいの正面席から「ブラボー!」 の声が飛んだ。

第二部のドラゴンクエストの数々は、楽しい曲だし、中東のプラント建設の現場宿舎でI、II、IIIを皆で夢中になってやったことを思い出して懐かしかった。二年前にIVがDS版として発売されたときには思わず買ってプレイした。会場には、作曲者のすぎやまこういちさんの姿も見られた。すぎやまこういちさんの曲には、優しさと親しみやすさを感じる。

 検索したら、東京メトロポリタン・ブラス・クインテットの今後の演奏予定のいくつかが、http://sugimania.com/concert.htmlに載っていた。

 また聴きに行こうかな。

  僕も柔らかくトランペットが吹けるように練習を続けよう。
[PR]
by YTR3320 | 2011-02-12 21:08 | 音楽・舞台・映画