2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

スコットランドの3人組「ラウー」(LAU)は格好良かった

 今年のケルティッククリスマス2010で、ルナサの前に演奏したスコットランドの3人組「ラウー」(LAU)は、タイトな演奏でとても格好良かった。曲名は忘れたが、テンポ、リズム、調が一つを曲の中で次々と変えていきながら、最後にテーマに戻ってくると言う長い曲があった。しかも高速演奏。

 ケルティッククリスマス2010の舞台上での配置は左にマーティン・グリーン Martin Green(アコーディオン)、中央にクリス・ドレヴァー Kris Drever(ギター&ヴォーカル)、右側にエイダン・オルーク Aidan O'Rourke(フィドル)。達者な3人のタイトなアンサンブル。

 ルナサと一緒でのアンコールでのクリス・ドレヴァー の歌も素晴らしかった。僕の大好きなアイルランドのポール・ブレイディにちょっと似た感じの歌い方だった。

LAUの日本語公式サイト
http://www.mplant.com/lau/

ルナサ
http://www.mplant.com/lunasa/

今年のケルティッククリスマス2010についての僕のエントリー
http://ytr3320.exblog.jp/15170045/

プランクトン
http://www.plankton.co.jp/
[PR]
by YTR3320 | 2010-12-25 16:40 | 音楽・舞台・映画