2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Tp:音楽の経験値を増やすために

 僕は10代、20代、30代と熱心に音楽を聴いていた訳では無い。銀座Swingに行ったりしていたけれど、家でレコードやCDを熱心に聞いたこともあまりない。30歳を過ぎるまで持っていたり借りたレコードやCDは数枚ずつに過ぎなかった。楽器もできなかった。だから、ジャズのアドリブに必要な音楽の経験値が決定的に不足している。アウトプットできる量や質は、音楽の場合でも多分インプットの量に比例している。演奏に役立つインプットの方法は、録音であれ生であれ、音楽を沢山聴くこと、色々な曲、練習曲を演奏することだろう。

 トランペットやジャズの練習曲集、教本を色々買ったが、五線譜の中に収まるものは、それほど無い。だから音楽の経験値を増やす前に、吹ける音域を拡大していかなければならなかった。4年近くかかって、ようやくリップスラーで五線譜の上のドの音まで、半分以上の確度で出るようになった。これで、メジャーのダイアトニックコードの暗記、IIm-Vの基本パターンの暗記、ジャズの教本に取りかかれる。辛抱して地道な練習を4年近く続けてきた成果だ。アーバン2のソロ曲もすこしずつ吹いてみようかな。

 インプットしたら、繰り返しアウトプットを行うことも必要だ。原朋直さんが言い続けているシミュレーションだ。自分が何の音を吹いているのか分からなかったり、自分で吹きたい音程を鳴らすことができなかった時には、シミュレーションには手が付けられなかった。ようやく、有る程度は自分で音をコントロールできるようになったので、iRealbookを聴きながら歌っては、その歌を思い出して2小節か3小節ぐらいづつ吹いてみるという練習を始めた。

 地道に音楽の経験値を増やしていこう。
[PR]
by YTR3320 | 2010-12-02 23:09 | 40代半ばからのトランペット