2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Tp4年目:響く音を出せるようになるための練習

 レッスンで先生に教わったことに自分の日々の練習を振り返って感じたことを加えたメモ。

 響く音を出せるようになるためには、音階練習(音階の上下行)やリップスラーの上下行を、自分の音をきちんと聴くことのできるくらいの、ゆっくりしたテンポで行う。一つ一つ最後の音まで上がっていく、下りていくというイメージを頭の中に持って自分の音を聴きながら練習する。その際には、姿勢、指使いのことは気にしない。また、メトロノームも使わない。息をまっすぐ吹き込むことと音を聴くことだけを注意する。注意を払う対象が増えれば増えるほど、力が入ってしまう。

 このような練習を丁寧に繰り返していけば、少しずつ音が響く様になるとのこと。また、低音が響く様になれば、いずれ自然と高音も響くようになるとのこと。

 トランペットの上達には丁寧な練習の継続が必要。丁寧な練習を続けていれば、誰でも自然と音が良くなっていく。
[PR]
by YTR3320 | 2010-11-28 08:24 | 40代半ばからのトランペット