2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Tp4年目:顎では無く舌を後ろに引く

今の先生に付く前に、日本人が書いた巷のトランペットの入門書を色々読んだ。アーバンの存在も知らなかった。この為、トランペットは顎を引いて吹くのだと思っていた。

今の先生の下でやり直し始めて、舌の移動で音程を変えることを知った。けれども、日常生活の中で舌の位置を意識することは無い。この為、舌を移動させようと思って、知らずに首を動かしてしまい、高い音を出すときには顎を引き、首に力を入れて喉を締めてしまっていた。喉を締める、つまり空気の通り道を喉の位置で狭くすると、音は出ない。出ても痩せた音になる。

自分の音を聴きながら、ゆっくりロングトーンやリップスラーを続ける内に、舌だけの移動が出来るようになった。もう、高い音を出すときにも顎は引かない。
[PR]
by YTR3320 | 2010-11-21 20:40 | 40代半ばからのトランペット