2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Brass Eight コンサートツアー2010を聴いた

昨日、文京シビックホール小ホールでBrass Eight コンサートツアー2010を聴いた。

 曲目は、前半が
ヘンデル:王宮の花火の音楽
プーランク:フランス組曲
八木澤教司:タランテラ
コルグラス:ティンパニの為の小協奏曲
とクラシック系。

 15分の休憩をはさんで後半は、シャツを黒から一人一人違う色のシャツに着替えて見た目も華やかに
星出尚志・嶋田慎編:Spirits of Police
久石譲:もののけ姫より“アシタカせつ記”(注:「せつ」は耳が三つ)
Manning Sherwin:A Nightingale Sang in Berkeley Square
バーンスタイン:ウエストサイド・ストーリー

アンコールは2曲。1曲目の題名は不明。2曲目は剣の舞。

「ウエストサイド・ストーリーより」にはびっくりした。関繁人さんの編曲は、よくある3曲程度のメドレーでは無く、沢山(ひょっとして全曲?)を大胆にサビだけ抜き出しりして一気に聴かせると言うもの。その大胆さは、シェイクスピアの全37作品を2時間半程でいっぺんに見せてしまう劇団鳥獣戯画の「三人でシェイクスピア」http://www.chojugiga.co.jp/3.htmlさながら。トニーの死を悼むエンディングテーマを関さんのトランペットで締めて、ミュージカル・ウエストサイドストーリーを全編演じ切っていた。ジャズ、マンボなど曲毎にリズム、テンポなどが変わるこのミュージカルを一気に演奏しきったメンバーの力量も凄いと思った。トニーが「マリ〜ア、マリア〜」と唄う名場面のところはホルンとユーフォニウムで演奏されてゾクッとした。

他には、前半のタランテラが、僕の好み。クラシック曲は、まだ僕には楽しみ方が良く分からない。後半最初の曲は、太陽に吠えろ、西部警察などの刑事ドラマ曲のメドレー。藤代佳万さんが大門刑事に成りきってトランペットソロを吹いたのには吹き出した。

アンコール1曲目での大山智さんのユーフォニウムのソロも綺麗だった。

楽しい晩だった。松原一郎さん、ありがとうございました。次回の演奏会も楽しみにしています。
[PR]
by YTR3320 | 2010-10-14 18:49 | 音楽・舞台・映画