2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Tp:引き出しを増やすための勉強

 吹いたことの無いフレーズ、聞いた事が無いメロディーがジャズのアドリブの時に吹けるわけが無い。そこで、自分の引き出しを増やすために日々の練習を行っている。アーバン金管教本のデュエット曲を先生に習っているのも、引き出しを増やすことが目的の一つだ。今、取り組んでいるのは”THE TWO SAVOYARD”という2拍子の曲。この曲の由来を調べたがよく判らない。アーバン金管教本は、音大生や音大を目指す人が必ず使う本なので、収録されている曲の由来や背景を誰かが調べているだろうと思ったが、日本語の検索にはヒットしなかった。英語でも、さっと検索してみたが、今ひとつよく判らなかった。Les deux petits savoyards (The Two Little Savoyards)という、18世紀のフランスの喜劇オペラと関係があるのかな。http://en.wikipedia.org/wiki/Les_deux_petits_savoyards

 この曲での課題は、スラーでのアクセント記号とスラーでのスタッカートだ。16分音符も出てくるので、指のトレーニングにもなりそうだ。

 引き出しを増やすためには、『A GUIDE TO JAZZ IMPROVISATION』(バークリー・インプロヴィゼイション・ガイド)も少しずつ少しずつ続けている。
[PR]
by YTR3320 | 2010-10-10 18:08 | 40代半ばからのトランペット