2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Tp:一時帰国した友人を囲む集まりで演奏した

 昨日は、藤沢市のレンタルホール「ル・クラシック」http://www.starmore.com/hall.htmlで行われた友人のパーティでOver the Rainbowと雨に歌えばの2曲を吹いた。

カナダで結婚して、歌やピアノや日本語を教えている友人の一時帰国パーティだった。友人は、折角久し振りの人達と集まるのだから自分も歌いたいし、色々な人に作品を持ち寄って貰ったり歌や演奏も披露してもらいたいと三ヶ月くらい前から言っていた。元々は彼女の実家で行うとのことだったが、構想が膨らんでいき、グランドピアノのある元々はジャズやクラシックのらいぶはうすだったという場所でのパーティとなった。プロのピアニストもいれば、アマチュアの演奏家やコーラスをやっている人、朗読の人、長唄三味線を披露した人、チェロの演奏を披露した小学生、赤ちゃん連れで演奏はしなかったが、集まった人など色々な人が集まり、ホールで提供される食べ物や飲み物、会話を楽しみながらパフォーマンスをしたり、聴いた。様々な年齢や家族構成の人達が集まった。壁には友人のお父様の絵や、別の友人のイラストが飾られ、ウエルカムボード、プログラム、裏にメッセージが書けるようになっている出席カードも友人の友人達による手作りだった。色々な人が、自分のできる方法で参加するパーティというのも楽しいな。

 僕の演奏は、2曲とも最後の方でつっかえてしまったけれど、適度に響くホールで気持ちよく吹けた。何を吹こうかなと、自分の実力と集まりの様子を想像して選曲するのも楽しかった。楽器が少しずつできるようになって、世界と楽しみが拡がってきた。

 また、いつか同じようなパーティをやろうと言って友人と別れた。

 ル・クラシックは、とても良い貸しホールだよ。以前はえ150回ジャズのライブも開き山下洋輔さんや原朋直さんも演奏したそうだ。ここで1998年に行われた原さんのライブのポスターもあった。

演奏の反省:
 暗譜して、できるだけ楽譜を見ないで吹くようにしよう。楽譜を見ようとすると目が追い付かなかったり、首が曲がって息がスムーズに出なかったりする。楽譜を見ないで真っ直ぐの姿勢で遠くを見て吹くことを心がけたい。
[PR]
by YTR3320 | 2010-09-27 08:17 | 40代半ばからのトランペット