2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Tp4年目:高いラの音の時の息の速さを体得する練習

 高い(五線のすぐ上の)ソの音までのリップスラーでの半音階を吹くときに、首に力が入らなくなった。その結果、高いソの音までは以前に比べると空気が沢山トランペットの管の中に入って、太い響く音が出るようになってきた。

 そこで、次のステップとして高いラとシの音を吹くときの息の速さを身体で覚えることとなった。今までも一人でスタジオで練習するときに高い(五線の外にある)ドの音までリップスラーで挑戦してきたが、勢いに任せて吹いていただけだった。勢いに任せるだけだったり、舌の動きだけに頼っているときちんとした高音の出し方が身につかないと先生に指摘された。代わりに先生からは、スラーで音階を下から上がっていき、高いソの音の時に息を止めずに出し続け息の速さを上げてからラの音を吹くという練習法を勧められた。この練習によって高い音の息の速さを体得することができるのだそうだ。必要な息の速さを身体で覚えさせれば、力がもっと抜けるようになる。

 首や顔、上半身に力が入らないように、息の速さ、舌の動き、息の向きに注意を払って丁寧に高い音の練習を続けてみよう。原朋直さんは、「これからは、力を入れずに楽に吹くことを目指して下さい。口元で音を鳴らすのでは無く、遠隔操作で遠くに置いてあるものから音を出すようなイメージで吹くと、特に高い音の時に力が入らずに、わずかな舌の移動だけで音程を変えることが出来ます。」と9月のヤマハのレッスンの時に言っていた。原さんも岡崎好朗さんも、ライブで見ていると本当に首、顔、上半身(含む肩)には力を入れずにちょっとした変化で音を変えている。多分、その方がよく響く音も出るはずだ。

 3年前の1月からトランペットをやり直した時には、色々な所に力が入っていた。胸に力が入っていたときもある。丁寧な指導を受けて、地道な練習を続けてきたお陰で、力が抜けてきた。副次的な効果として、一人で練習しているときや他の人との練習会で、間違っても焦らなくなった。気持ちに余裕が出てきて、そのために力まないというプラスのサイクルに入れてきたように思う。
[PR]
by YTR3320 | 2010-09-12 09:15 | 40代半ばからのトランペット