2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Tp4年目:練習の時は正しい方法で吹く

 「練習の時は正しい方法で吹くことが重要。疲れや体調やその他のことで、調子の悪い時はある。調子の悪い時には、音を出そうとせずに、音を外しても良いから正しい方法で吹くことと、休むことが大事。」と先生に言われた。

 6月から3ヶ月間、代講の先生に教わっていた。、この先生も丁寧に音を聴いてくれて細かなアドバイスをしてくれる先生だった。おかげで今までの先生が言っていたことへの理解が深まり、リップスラー、ロングトーンの正しい吹き方が、かなり分かってきた。3ヶ月前に比べると音が響くようになり、リップスラーでカチッカチッと音を変えることが出来るようになってきた。

 正しい吹き方と言うのは、丁寧に教えてくれたり相談に乗ってくれる指導者につけば、必ず体得出来るものだと思う。どれだけの時間で体得出来るかは、きっと必要な筋肉が出来上がる時間にも左右されるだろうから、人によって違うだろう。正しい吹き方を体得すると首や胸の力が抜ける。楽に音が長い時間出せるようになるので、練習や演奏が楽になり楽しくなってくる。教える技術を持った指導者に出会うことが大事だ。
[PR]
by YTR3320 | 2010-08-22 22:57 | 40代半ばからのトランペット