2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Tp4年目:ひたすら基礎練習

 最近2週間は、ひたすら基礎練習を行っている1時間50分程の練習時間の内、最初の30分はウオーミングアップとリップスラー、タンギングを60から100までのテンポで音色に気を付けながら行っている。先週の個人レッスンで、息を吸うときに喉が閉まってしまわないように「おー」という形で吸うことと高い音の時には舌の両端が奥歯に触れて「しーっ」と強い息を出すという二つのアドバイスをもらってから、五線譜のすぐ上のソの音が前よりも少し太く響くようになってきた気がする。

 残りの時間は、Confirmationの32小節のベースライン、ブルースのベースライン、そして数日前からI Should Careのテーマをひたすら吹いている。「おー」という形で息を吸うことを教わったこととコードが頭に入ってきたことから、Confirmationのベースラインが120とか140のテンポで最後まで息切れせずに吹けるようになってきたのは、とても嬉しい。次の課題は、譜面を見ないで吹くことだ。

 ブルースのベースラインは、一つのキーのブルースが簡単な単独のパターンなら譜面を見ないで吹けるようになるまで、繰り返し練習している。テンポは120。Cのブルースから始まって、キーを半音ずつ上げて、昨日はようやくEのブルースまで辿り着いた。Confirmationのベースラインと共にメトロノームを聞きながらではあるけれど、120の速さで四分音符のタイムをキープすることができるようになってきた。これで、ヤマハのレッスンでのウオーミングアップ代わりのブルースのアドリブが慌てずに吹けるようになると良いのだけれど。音色を安定させることが次の課題だ。

 I Should Careの32小節のテーマが、どうしても途中で息切れして最後まで吹ききれない。息の吸い方、三連符(2分音符の長さに3つ)のリズムの取り方を個人レッスンで教わった結果、あと一息という感じなのだけれど。

 リズムの練習とアドリブはいつ練習するんだい、と自分で自分に突っ込んでしまう。何事も半歩ずつの歩みを重ねないと前に進めない自分だから仕方無いな。

 本当は今年の秋から知人のジャズセッションに入れて貰おうと思ったけれど、来年以降だ。いつかは、僕も笑顔でアドリブに参加出来る日が来ることを夢見て、半歩ずつ歩いている。

 
[PR]
Commented by schia at 2012-10-27 17:29 x
どうしたら音が大きくなるのですか
Commented by YTR3320 at 2012-10-28 09:20
>schiaさん
私の場合は、首、手、腕、胸などからトランペットを支える以外の力が抜け、またマウスピースを唇に押し付けず、顔を力ませないようになって大きな音が出せるようになってきました。ご質問の答えになっているでしょうか。
by YTR3320 | 2010-08-17 05:44 | 40代半ばからのトランペット | Comments(2)