2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Tp:基礎固め

今日の個人レッスンでは、基礎固めをして貰った。確認できたこと、教えて貰ったことは次の通り。個人レッスンの良い所は、一人で練習していて何か変だなと思うところを、実際に吹いてみる、アドバイスを貰う、その場でアドバイスを自分なりに理解して吹いてみる、自分の理解が間違っているか合っているか音を聴いて貰って確認出来るというところにある。

・低音域でも高音域でも唇の両端の支え(支えの位置・形)を変えない。

・音が響いている時の唇の両端の支えの形、下唇の形と位置。唇の端を左右に引いてしまい、結果的に下唇も巻き込みが緩むと音が響かない(僕の場合)

 ・音が上がる時に上ずらないように、息をまっすぐ、あるいは下に抑えるように吹き込むこと。

・リップスラーで低い音から高い音に上がる時には、唇の形は変えずに息を速めながらオ→ア→エ→イと舌の位置を下げて行く。僕の場合、ドソドミと上がるリップスラーで、高いドからミに上がる時に息を速めようとの意識が舌を前に動かしてしまっていることが、今日分かった。舌を後ろに引いたら楽に上がれた。唇の回りの筋肉が付いて来て、息の速さのコントロールも出来るようになったから舌の位置に注意を払うことが出来るようになった。

・毎回の練習では、低音のロングトーンを1回は行なうこと。響きに注意しながら毎回続けたら、低音でも響く音が出せるポイントが見つかる。

 ・練習の最後には必ず、クールダウンを行い、高音で力が入って開き気味になった唇の形を元に戻す。具体的には、自分が一番楽に出せる音で息を少しずつ抜きながら最後は息だけかすかに出て音は鳴らなくなるようなロングトーンを行なう。
・その日の練習で上手にできなかったことが有っても気にしないこと。方法が合っていれば、その内に出来るようになる。
[PR]
by YTR3320 | 2010-08-07 21:48 | 40代半ばからのトランペット