2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Tp:ベースラインの研究

 何曲かのスタンダード曲でベースラインを楽譜を見ないで吹けるようになると曲を聴いた時にコードが頭の中をさあっと流れるようになるとヤマハのレッスンで言われている。8月1日に出された宿題は、Confirmation。32小節あり、コードが二つの小節も多い。僕には、ハードルがちょっと高い。


 そこで並行してブルースの12キー全てで楽譜を見ないでベースラインを吹けるようになろうと今更ながらの決意をした。ブルースはコード進行が簡単で小節数も12しかなく、転調も無い。二つのコードが入っている小節も沢山は無い。簡単なことから一つずつマスターして自信をつけよう。昇れないと思える段差も小さな段差に分ければ昇れるだろう。

 昨日は1時間50分の練習時間をウォーミングアップ(半音階、リップスラー、タンギングとアタック)20分、Confirmationのベースライン30分、ブルースのベースライン15分乃至20分、残りをインプロビゼイション・ガイドに充てた。

 昨日取り組んだブルースのキーはC。JameyやATNやその他のジャズの教本には、少しずつ異なるブルースのコード進行が載っていて戸惑う。原朋直さんからヤマハのレッスンで教わっているブルースのコード進行は、I | IV | I | I | IV | IV | I | IIIm♭5 VI | IIm | V | I VI | IIm V ‖。キーがCであれば、
C7| F7 | C7 | C7 | F7 | F7 | C7 | Eφ A7 | Dm7 | G7 | C7 A7 | Dm7 G7 ‖となる。
[PR]
by YTR3320 | 2010-08-06 18:21 | 40代半ばからのトランペット