2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Tp:ジャズレッスンの宿題

昨日出されたジャズトランペットの宿題は、Comfirmationでのベースラインの研究。コードの音を使ってベースラインを吹くことを何曲かマスターすると、曲を聴いた時に頭の中をコードの音が、すうっと流れて行くようになるのだそうだ。そして、考えなくてもコードの音を使ったメロディラインが浮かぶようになるとの原さんの説明。この言葉を信じて今日からComfirmation。

アドリブ作りの2つの要素、つまり(メロディ)ラインとリズムの内、リズムの方はaTNの『インプロヴィゼイション・ガイド』を教材に地道に練習を続けている。掲載されているリズムトレーニング、譜面をメトロノームを100にセットし、「1(両膝)と(両手)2(両膝)と(両手)3(両膝)と(両手)4(両膝)と(両手)」と手を使いながら歌う。それを何度か繰り返した後に、今度はメトロノームを意識しながら実際に吹いてみる。これを繰り返している。この方法で僕の苦手な付点、8分休符、シンコペーションを摑めるようになれば良いなと思っている。

 楽器の演奏を学ぶことは外国語会話を学ぶことによく似ている。単語を覚えなければ始まらない。文法は必要だ。一方で、恥ずかしがらずに喋らないと会話は上達しない。でも語彙を増やす地道な努力は継続しなければならない。基礎となるリズム、メロディラインを地道に憶えていく一方で、マイナスワンに合わせたりレッスンであるいは発表会でアドリブを吹いてみないと上達しないのだろうと思う。
[PR]
by YTR3320 | 2010-08-02 18:29 | 40代半ばからのトランペット