2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Tp4年目:重心を下げるトレーニング

f0200336_2133595.jpg

 トランペットを吹く為には、上半身に頼らず、お腹でしっかり空気を支える必要がある。エア・サポートだ。

 人によっては、丹田を意識するとか、ヘソから音を出すとか、重心を下げるとか言う。日常生活で低い重心から呼吸したり、丹田を意識することは無い。だから、重心を低く保つ感覚は、意識して身体に覚えさせ無ければならない。

 僕の先生は、オーケストラで難しい曲を吹く時には、腰にベルトを巻いて練習したそうだ。骨盤の尖った部分のすぐ下辺りにベルトをギュッと巻き付ける。すると、腰の下を意識することが出来て、重心が上ずって行かないそうだ。

 夏山を歩いていた時のベルトを引っ張り出してみた。これで腰のちょっと下を身体に覚えさせよう。

 目指すのは、ガンシユ兄弟、岡崎好朗さんのような上半身をリラックスさせた滑らかなな音だ。
[PR]
by YTR3320 | 2010-03-08 21:03 | 40代半ばからのトランペット