2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

チベット料理はおいしい

 昨晩、四谷区民センターを会場として行われたチベット正月のロサルをチベット料理を食べながら祝う会に誘われて行ってきた。

 在日チベット人の方が、チベットには独自の料理と文化があることを知って貰いたいと昨年(だったかな?)に始めた「チベット料理を作る会」の主催だ。チベットの文化を知って貰いたいという思いをこめて作られた料理は次の通り。

 デシ(チベットの赤飯。レーズンなど果物が入っていてほのかに甘い。バターも使われている)
 カプセ(チベットのスナック菓子)
 バター茶
 ツァンパ(麦こがし。小麦粉を軽く炒ったもの)
 モモ(小籠包、水餃子のようなもの)
  シャドクツェ(茹で牛肉と、肉と一緒に茹でた大根)
  チョーミン(チベット風焼きそば)
  アルピンシャ(チベット風肉じゃが。ただし、今回は肉の代わりに野菜をたくさん使ったとのこと)
 モモの中身を揚げた肉団子
  サラダ

 どれも美味しくてびっくり。シャドクツェの大根は、肉と香り付けのパクチ、山椒、塩をわずかに加えて茹でたものだけれど、肉の旨味がしみこんでとても美味しい。家でも作ってみようかな。チベットでは大根と蕪が採れるそうだ。

 バター茶はミルクティー、インドのチャイのような色なので何かの乳が入っているのかなとおもって、チベットの方に聞いたら、乳は入っていなくてバターで色が付いているのだそうだ。

 チベット正月は今年は2月14日だったけれど、2008年3月以降、チベットの首都ラサをはじめ、全国各地で大勢の方々が犠牲になり、チベット国内では現在も厳しい弾圧が続いており、日々怯えながら生活をしていることから、2月14日には正月を祝うようなイベントは在日チベット人の間でも行われなかったそうだ。そのような状況が来年には改善されていることを願う。

 今回の料理の写真は、「憧れの大地へ」ロサル・パーティー〜チベット料理の夜
http://www.a-daichi.com/zakkiblog/2010/02/20100227.html
に載っている。

 尚、チベット国内の状況については以下の講演会が、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所主催で行われるそうだ。
チベット近況報告 〜チベットの歴史と近況〜

◆日時:
2010年4月2日(金)受付開始 午後6:30/講演開始 午後7:00〜
◆講師:石濱裕美子氏、テンパ・ツェリン氏
◆会場:
四谷区民ホール
新宿区内藤町87番地 四谷区民センター9階
(地下鉄)丸ノ内線「新宿御苑前」より徒歩5分
◆料金:
前売1,500円/当日2,000円

※テンパ・ツェリン氏の講演は英語で行われます。
 会場では逐次通訳にて日本語でお聞きいただけます。
〈内容〉

第1部 19:10〜 ◆ 7世紀仏教伝来から共産中国の侵略まで
チベットを形作った仏教。チベット文化は、医学であれ、建築であれ、天文学であれ、すべて仏教の思想に強い影響を受けている。今にいたるまで仏教を重んじ国是としているチベット。チベット文化圏で育まれたチベットの智慧と苦難の歴史を語る。

第2部 19:40〜 ◆ ダライ・ラマ法王チベット脱出から50年、チベットの現在
2010年2月、1年3ヶ月ぶりの中国とダライ・ラマ法王特使による対話の全貌の報告。なぜダライ・ラマ法王および多くのチベット人は亡命に至ったのか。今、チベットが守っているもの、望んでいる社会の在り方を語る。

第3部 20:40〜 ◆ 質疑応答

申込方法など詳細は
 http://www.tibethouse.jp/event/2010/100402.html
[PR]
by YTR3320 | 2010-02-28 10:36 | 雑感