2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

政治家に簿記3級を義務付けよう

 ”首相、内部留保へ課税「検討」”2010年2月18日付日本経済新聞 朝刊と言う記事に唖然とした。いや、呆れ果てた。政治家、政策立案や政策決定を仕事にしている人には、簿記3級の知識は持っていて欲しい。政治家の立候補資格として義務付けたい位だ。企業の財務3表、つまり貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー表の基本も理解して欲しい。政策の遂行には原資が必要で、複式簿記の考え方が、一番お金の流れ、関係を記録、理解するには優れているのだから。予算というお金の出入りを審議するのが一番の仕事である政治家、議員が複式簿記というお金に関する言語、基礎を理解していないでどうするのだろう。


 磯崎哲也さんが、親切にも「政治家のみなさんに向けた会計の初歩の初歩」と言う記事を書いて、問題点を分かりやすく解説している。
http://www.tez.com/blog/archives/001580.html

 誰かがネットで書いていたけれども、政治資金改革も、まず政治資金収支報告を複式簿記で書かせ、透明性を第三者にも当事者にも高めることが先決だと思う。
[PR]
by YTR3320 | 2010-02-18 18:10 | 雑感