2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

練習時のウォーミングアップ

f0200336_19545175.jpg

 今年最初の個人レッスンでは、レッスン時にウォーミングアップとして行なっている半音階の上下行について、目的と注意点などを改めて先生に教えてもらった。

 僕の質問と先生の説明は以下の通りだ。

 目的:ウォーミングアップとその日の調子の把握

 方法:
 一番楽に出る開放音(人によって異なる。僕の場合は中音域のソ。つまり五線譜の真ん中のソ。開放音とは、ここではピストンを全く押していない音の意味。)から下降を始める。例えば、ソ、ソファ#、ソファ#ファ、ソファ#ファミ…と半音ずつ音を増やし、レ♭まで下りる。レ♭から半音ずつ音を増やしながら上がる。次にスラーでソドと下りて、ドから低音域のラまで半音ずつ音を増やして下りる。ラからドまで半音ずつ上がる。次にスラーでドソドと上がり、中音域のド(五線譜の中の高いド)から同様に半音ずつ下りて上がる。

 下を低音のラまでとする理由:
 低音では唇が開いてしまいがち。唇が開いたまま高い音を吹くのは悪い癖を付けることになる。どの高さでも唇の形は同じに保つ為。低音は難しいので、丁寧に練習しないといけない。

 音階ではなく半音階でウォーミングアップする理由:
 その日の吹き始めなので、楽な方をやる。半音階の方が、楽に音が出せる。

 息の量と強さ:
 息をたっぷり使うが、ウォーミングアップなので楽に出る範囲に息の量を抑える。低音域でも息の量は変えないが、息が強くならないようにする。(低音で息が強いと音が割れたり唸る。寒い日に息で両手を温めるイメージ。原朋直さんも同じことを言っていた。)

 今回、改めて先生に質問しながら、これまでも何度も質問していたのに、肝心な事で理解していなかったことや疑問にすら思っていなかったことがあったことに気がついた。3年間、習ってきて「自分が分かっていないこと」「次に進む為に自分が出来ていないこと」が、分かってきたと言うことかもしれない。

 レッスンでやっていることには、それぞれ目的と理由があって、それらを理解した上でレッスンを受け、自分で復習することが上達への近道だと思う。細かな質問に対しても、丁寧に説明してくれる先生なので、本当に有難い。
[PR]
by YTR3320 | 2010-01-14 19:54 | 40代半ばからのトランペット