2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Tp3年目:練習納め

f0200336_15342831.jpg

今日は大晦日。個人レッスンを受けている所の防音室で、一人で2時間ほど練習。大晦日に防音室まで来て練習したのは初めだ。

以前は、狭い防音室は音が吸い込まれて嫌いだったが、今日は余り抵抗感無く吹けた。録音した自分の音は不安定で、まだまだだけれどもお腹で空気を支える感覚が少しずつ掴めてきて、自分の音に自信が付いて来たからかもしれない。

スラーでの音階練習は五線譜の上のラ(A)まででるようになった。シも来月中には出そうだ。

アーバン2のデュエット19番MARCHは、今年最後のレッスンで付点8分音符のリズム(16分音符を感じる)を指導してもらった成果が、現れて来た。最後のレッスンでの「出来ないことには原因がある」と言う先生の指摘を胸に、自分の音を聴き、身体に注意を払って原因を探りながら練習していたら、後一息で曲をものに出来そうな気がしてきた。

ジャズは、ブルースのコード進行を身体に入れる為のアルペジオを今日も継続。少しずつブルースコード進行の感覚が掴めて来た。まだ、楽譜を見ながらのアルペジオだけれど、来年からは楽譜を見ないで思い出しながらのアルペジオにも取り組もう。
昨日からは課題曲のIt Could Happen To Youにも取り掛かった。年が明けたら作曲の宿題に取りかからなくちゃ。来年1月17日提出の宿題は、転調を入れて好きなキーで16小節以上の曲を書いて来ることだ。
来年の秋に知人のアマチュアセッションに本当に出られくらいになれるかな。

さて、いくつものメーカー、モデルの中から今年4月に先生に選んでもらったXO RV‐GBSを分解掃除して年を越すことにしよう。今年はトランペットを変えられる段階まで来たし、変えたことによって歩みが速くなったと思う。そうした意味でも僕の宝物だ。初めて買ったYTR3320も忘れずに磨いておこう。

それでは、皆様、お世話になりました。良いお年を!
[PR]
by YTR3320 | 2009-12-31 15:34 | 40代半ばからのトランペット