2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

口の中を広く、空気をたっぷり使う

リップスラーが前よりは、上手く出来るようになった。先生のアドバイスで口の中を広くしたら、息の流れが良くなり、顔面や首に入っていた力も抜けたからだ。空気が詰まると力で空気を押し出そうとしたり、唇の形を変えて音を変えようとしてしまう。すると顔面や首に力が入り、余計に音が詰まってしまう。

リップスラーでの残りの課題は、音名を意識することと、慌てずにたっぷり息を使うこと。力で大きな音を出すのでは無く、たっぷり息を使って、吸った息を使い切って吹くことだ。

上手く吹こうとせず、音を外すことを気にせず、息をたっぷり使って、ソ‐ド‐ソ‐ド-ソの練習だ。せっかく、生で聴いたハンス・ガンシユの音をイメージして練習しよう。

音楽の土台作りの為にアーバン2のデュエット曲に取り組んでいる。現在は19番のMarch。上のパートをメトロノームを使って何度も音名で歌って予習した。その甲斐あって、リズムとブレスの位置は合っていると先生に言われた。エヘッ。
指摘された課題は、これも息をたっぷり使うこと、息を吐き切って吸うこと、吸った分だけ吐き切ることだ。

指摘されたことを地道な練習で一つひとつクリアして行こう。
[PR]
by YTR3320 | 2009-12-05 23:23 | 40代半ばからのトランペット