2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

スラーでの音階練習・8分の6拍子

f0200336_18293737.jpg

今取り組んでいる基礎練習。

1.スラーでの音階練習
タンギングしながらの音階練習で五線譜の上のラの音まで出るようになったが、先日、先生に言われてスラーで吹いたらファまで出すのがやっとだった。

スラーできちんと音階が吹けるようにならないと、曲を吹いた時に音のコントロールがきちんと出来ないそうだ。

先生に言われた練習での注意事項は次の通り。
・一つ一つの音に集中する。
・スラーで上がるときは空気のスピードをあげて、圧力を高める。・圧力は身体全体で感じる。
・首に力を入れない。鎖骨の下を緩める。
・ 舌の位置には神経質にならなくて良い。

2.8分の6拍子の習得。
アーバン金管教本2のデュエット曲「NOEL ANCIEN」をレッスンでさらっている。

分数では8分の6は4分の3と同じだ。だから僕は長いこと、たぶん、中学の音楽の授業の時から2つの違いが分からなかった。先生からは8分の6拍子は1小節を8分音符を単位として6個分と数えるのだと言われた。

8分音符で数えて行くので、8分の6拍子では、付点4分音符は、8分音符3つ分として、4分音符は2つ分として感じなければならない。A分のB拍子なら一つの小節をA個にほぼ均等に分割する。分割した長さが、その曲での基本単位であるB分音符の長さになる。後は 、その曲に出て来る音符や休符の長さをB分音符の長さ、つまり1÷Aのいくつ分か数えれば良い。

僕は、今までどんな拍子でも4分音符=1。8分音符=4分音符×1/2=0.5と捉えていたが、その考え方とは正反対の考え方だ。

僕の考え方だと、8分音符や8分休符が出て来た時に「半分の長さってどのくらいだろう?」と戸惑ってしまう。一つ一つの音の長さをその都度、2分の1とか1.5とか数えるより、整数倍で数える方が、はるかに容易だ。

僕がこれまで、リズムを間違えたりしていた大きな理由が、ようやく分かった気がする。
[PR]
by YTR3320 | 2009-11-10 18:29 | 40代半ばからのトランペット