2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アンサンブル演奏の基本

トランペットアンサンブル発表会の本番会場での当日リハーサルで先生に注意された。「足踏みして拍子を取らないように。ほかのパートの音が聞こえません。他のパートの人を見て、聴くことで合わせて下さい。」

いけない、いけない。そうだった。アンサンブル演奏は、他のパートと音を響き合わせて一つの音楽を作っていくことだ。だから、他のパートを聴くことがまず第一だ。足で拍子を取ると、物理的に他のパートの音が聞こえないだけでない。自分の注意が自分の中だけに向かってしまう。注意はほかのパート、自分から出ている音、自分で感じついるテンポとリズムに向けなければならない。

アンサンブルでは半円形に椅子を並べる。お互いの顔を見ながら演奏する為だ。本番時に、先生が皆に念押しをした。「譜面台で顔が隠れないように。顔が良く見えるように位置を調整して下さい。」音を聴く為には、お互いの顔を見ることが必要なのだ。
[PR]
by YTR3320 | 2009-10-26 06:13 | 40代半ばからのトランペット