2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

10月9日六本木サテンドール・スペシャル・セッション

f0200336_854519.jpg

今週、週が明けたら無性にパワフルな音を身体に入れたくなった。

そうだ、原朋直さんのライブに行こう!と原さんのホームページを覗いた。10月9日に六本木サテンドールで向井滋春(Tb)、原朋直(Tp)、佐藤達哉(Ts)、関根敏行(P)、佐瀬正(B)、広瀬潤次(Ds)と言うセッションがあるでは無いか。向井滋春さんかぁ、大好きで何度かライブに行ったことがけれど随分長いこと、向井さんのライブに行っていないなぁ、よしっ!これを聴きに行こう。火曜日の夜中にサテンドールのサイトから予約を入れて、一人でぷらっと聴いてきた。

いやぁ、楽しかった。
ボーカル無し、男性のみ、フロントはテナーサックス、トランペット、トロンボーンの3管。こういうのが、大好きだ。高速でパワーに溢れるインプロビゼーション。ステージが進むにつれてドラム広瀬さんもベースの佐瀬さんも盛り上がってくる。3管が順繰りに数小節ずつソロを吹いて次に渡しお話を作っていったり、そのお話作りにドラムが加わったり、3管のユニゾンもあれば、3管が一斉にバラバラのフレーズを吹きながらも全体では一体となっていたり。
飛ばすだけでなく3管それぞれ1曲すつソロでトリオを従えてバラードを演奏もあった。曲名紹介とメンバー紹介以外のおしゃべりは無し。ともかく演奏を聴くことに没頭した。アンコールが終わったのは11時10分頃。7時10分から至福の4時間だった。

それにしても原さんの顔の筋肉は凄い。顔中、しなやかな筋肉の塊ではあるまいか。
[PR]
by YTR3320 | 2009-10-10 08:54 | 音楽・舞台・映画