2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Tp3年目:拍子感を養う

リズム感、そのベースになる拍子感を身につけるにはどうしたら良いか、先生にアドバイスを求めたり、ヤマハのレッスンで質問したり、リズムの本を読んだりした。その結果、いつでも出来るトレーニングとして2つのことを2ヶ月くらい前から続けている。

一つ目のトレーニングは、音楽を聴いたり、頭の中で音楽を鳴らしている時に音楽に合わせて「ワン・ツー・スリー・フォー、ツー・ツー・スリー・フォー、スリー・ツー・スリー・フォー、フォー・ツー・スリー・フォー」と実際に声に出して、声に出すのが難しい場所では頭の中でつぶやくと言うものだ。

3拍子の曲であれば、つぶやきは「ワン・ツー・スリー、ツー・ツー・スリー、スリー・ツー・スリー」だし、ジャズでよくある8小節単位で構成されている曲であれば「エイト・ツー・スリー・フォー」まで数え、「ワン・ツー・スリー・フォー」に戻る。ブルースなら「トゥエルブ・ツー・スリー・フォー」まで数えて戻る。

最初の内はつぶやきに合わせて体を揺らしたり、手で膝を叩いたり、足踏みしたりしていたが、今はなるべく体も手も足も動かさないようにしている。演奏中に顔や上半身を揺らしたり足踏みする癖を無くす為だ。足踏みに合わせて拍子をとっていたら、足の疲れと共に拍子とテンポが崩れてしまったことがある。それに息を吹き込んだり、ピストンを押す以外の筋肉の動きは、顔、唇、を緊張させてしまうように思う。以前、ヤマハのレッスンで原朋直さんが、グルーブとかリズムは体の中やハートで感じるもので、その為に体を動かすことは不必要だと言う趣旨のことを言っていたことも体を動かさないようにしている理由だ。

もう一つは、一定の速さで歩きながら同じように呟くことだ。殆ど毎日、15分くらいは歩きながら4拍子或いは3拍子をつぶやいている。8分音符で呟く時もある。「ワン・エン・ツー・エン・スリー・エン・フォー・エン」と言う具合だ。歩きながら呟く時は、4小節ずつの五線譜の映像を頭に浮かべ、4小節目まで左から右に追い、5小節目はまた左、と言うように頭の中で五線譜を追っている。そうすれば、演奏中に譜面を追うスピードも速くなるのでは無いかと期待してのことだ。

効果は少し出てきたように思う。以前はヤマハで120くらいのテンポでブルースに挑戦していた時でも頻繁に迷子になっていたが、今は迷子にならなくなったから。
[PR]
by YTR3320 | 2009-10-08 12:30 | 40代半ばからのトランペット | Comments(0)