2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

初めて褒められた

個人レッスンで通っているスクールの発表会が一つ終わって、今日から今年の目標であるジャズとクラシック系トランペット・金管アンサンブルと言う2兎を追う生活を再開した。響きのある音を出すことも入れると3兎だ(^^;

今日は1ヶ月振りのヤマハのジャズトランペットレッスン。Dドリアンと言うスケール、つまり#も♭も無いD(=レ)から始まる7つの音だけを使っての16小節のアドリブを僕を含む3人の生徒が提出して皆で吹いた。

僕のは1週間前に手で4拍子を振りながら歌って作ったものを今日午前中、近所のリハーサルスタジオで吹いてみて吹きにくい部分、流れの悪い部分を修正したものだ。修正したらシンコペーションも自然に入った。今年、1月から作曲の宿題が始まって9回目の提出。初めて「音楽的なものがついに出来ましたね。」と褒められた。ちょっぴり嬉しかった。

次回の宿題はコードの縛りもスケールの縛りも無く、コードやスケールを意識しないで頭に浮かんだメロディを16小節程度書いてくると言うもの。コードやスケールの縛りを入れないとStablemates風の曲やどこか聞き覚えのある曲になってしまう人が多いそうだ。さて、僕にはどんなメロディが浮かんでくるのかな。

伴奏もメトロノームも無しにブルースのアドリブを作って吹くと言う先月からの課題にも勇気を持って取り組んでみないと。その前に12キーでコードトーンだけ使った作曲を書いてみるのが先決かな。
もう一つ、宿題が今日出されていた。コルトレーンのGiant Stepsと言う32小節で9回も転調を繰り返す曲を出来れば楽譜を見ないで吹けるように練習してくることだ。こいつは、ちょっとお手上げ。
今日のレッスンではマイナスワンのベースの音を聴きながらコードトーンを追うのが精一杯。転調がぐるぐる繰り返すベースの感じは何だか、アイルランドの粗い路面の曲がりくねった道を大型バスの最後尾で揺られているみたいな気分の悪さだった。原さんは、転調する場所を追うのでは無く先読みすることが大事だと言うのだけれど、さて、どうしたら良いやら。この宿題だけは、ため息しか出ない。
[PR]
by YTR3320 | 2009-10-04 17:31 | 40代半ばからのトランペット