2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アンサンブルの練習会は楽しい

先日、トランペットアンサンブルの練習会に参加した。今年2回目の練習会だ。去年、初めてアンサンブルの練習会に一回だけ参加してみた時は、まだ音を出すことにアップアップしていたり、4拍子をきちんと取ることができなかったので、楽しむところまでは行かなかった。

今年2回目の練習会では、気持ちに余裕が出て来て他の人の音に注意を払うことができるようになってきた。今年に入ってから拍子に注意して練習をしてきた成果が漸く出て来たように思う。1回目での説明、指摘事項他を復習した上で、2回目に臨めたのも大きい。他の人の音が多少でも聞こえて来ると響かせることが出来てアンサンブルは楽しい。こんなに面白いものだとは想像していなかった。

練習会で教わったこと。

・トランペットの場合はフォルテ、ピアニシモを音量の大小、強弱と捉えるのでは無く、フォルテ=勇壮に、ピアニシモ=優しく 吹く。
・チューニングは他の人、特に同じパートの人の音に注意を払うとお互いの音程が合ってくる。合わなければ変な響きになっていることが注意を互いに払っていると分かる。響きが変だと感じると自然とお互いの音が歩み寄り、合うようになる。相手のベルを見ると合わせやすい。
・ほかの人のブレスを良く聴いてブレスを全員で合わせることが大事。
・音程感をCDを聴いたり一人で練習して身につけるのは難しい。ほかの人と合わせる中で神経質にならなくても育っていく(合わないと変な響きになるので自然に合わせようとの意識が働く)。

他に、ブレスの直前の音のイメージ、ブレスの方法も教わったが、まだ体得出来ない。ブレスの直前がブチッとなってしまったり、ブレスのタイミングが遅れたり、逆に慌ただしくなってしまったりする。ゆっくり歌いながら練習するかな。
[PR]
by YTR3320 | 2009-10-01 08:31 | 40代半ばからのトランペット | Comments(0)