2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

トランペットやり直し最初の1ヶ月

トランペットをやり直し始めた時からB6サイズのメモ帳に教わったことを書き続けている。レッスンから帰宅してすぐ、遅くともその日寝る前に書いてきた。

久しぶりに最初の頃のメモを読み返してみた。今は出来るようになったこともあれば、今でもまだ時折指摘されていること(たぶん、指摘された時点ではきちんと受け止めきれずに2年経って少し上達した今だから漸く理解出来るようになったこと)もある。

最初の1ヶ月間は、今の先生の先輩が教えてくれた。その間、マウスピースだけでピアノの音に合わせて音を出すことやトランペットを構えることを繰り返した。持っていた教本、確か板倉駿一郎さんの本だったと思うを少しさらったりもしたが、まずはドレミファソまでがきちんと出せるようにすることが最初の目標だった。曲に取り組み始めたのは1ヶ月か1ヶ月半経ってからだ。焦りは無かった。むしろ、それまでの自己流をご破算にして徹底的にやり直そうと思った。

最初の1ヶ月間のレッスンのメモにはこんなことが書かれている。
・上唇の上がマウスピースのリムに隠れる位。下唇もリムに隠す。
・ほーと言う口の形。
・高い音になればなるほど遠くに飛ばすイメージで。
・マウスピースのみの練習:左手の人差し指と親指で持つ。この2本の指は唇と並行に構える。音を変える時に唇の形は変えない。
・マウスピースだけで半音階の上下行:なめらかに、音を区切らない。
・息を止めない。吐く息も一定のペースでなめらかに。
・息を吐き切るつもりでっぷり音を出す。遠くに!遠くを目がけて吹く。
・息をマウスピースに吹きこむだけで音を最初は出さない。唇を真ん中寄せた状態でマウスピースに息を吹き込みながら少しずつ唇を左右に引く。そうしている内にあるポイントで音が出るので、その時の唇の状態を覚える。
・高い音の舌の位置は口笛で高い音を出す時と同じ。口笛で高い音を出して舌の位置を覚える。
・唇の真ん中で「ぷ」と音を出してみる。
・トランペットを持つ時に左手でトランペットを握りしめない。握りしめると上半身に緊張が伝わり音が出ない。
[PR]
by YTR3320 | 2009-09-23 05:47 | 40代半ばからのトランペット