2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

欲張りついでに

知り合いのアマチュア・ジャズセッションに1年後にデビューすることを約束してしまった(^^;
ジャズトランペットの宿題に四苦八苦しているのに無謀の2乗だ。

セッションのレギュラーメンバーは、ピアノ、ベース、ドラム、トランペット、サックス、トロンボーン。僕がこのセッションを知ったのは、8年か9年前。当時、全員が現役サラリーマンだったが、先日は3人が今や還暦過ぎと言うことで自分達のことをアラカン(アラウンド・カンレキ)と笑い飛ばしながらセッションを楽しんでいた。

6年前に僕がヤマハのジャズトランペット・クラスの戸を思い切って叩いたのは、このセッションの面々が実に楽しげにジャズに取り組んでいて、店のマスター、ママさんとセッションのメンバー、客の関係・雰囲気が良かったことも大きな理由だ。会社員をやりながらジャズの演奏を楽しめるなんて素敵じゃないか。

久しぶりにセッションを聴きに行って、トランペッターの人とヤマハのレッスンの内容をあれこれ話している内に「いつデビューする?」と水を向けられ、本当は1年半後を目指す、と留保条件を付けて答えるつもりだったのに、酒が入っていたからか「1年後」と答えて勢いで指切りげんまんまでしてしまった(^^;

今のトランペットの先生の下でゼロからトランペットをやり直して2年経った今年初め、もっとトランペットのことを知りたくなった。そして練習を重ねて出来ることが少しずつ増えて来るにつれて、もっともっとトランペットと音楽のことを知りたくなった。知ったことを発表会等、人前で試してみたくなった。面白いね。

トランペットでの「知りたい」と言う気持ち、前に進んでいると言う実感は、自分の中で眠っていたものを揺り動かしている。学部レベルの経済学を勉強し直し始めたのが、その一つだ。社会のことを表層的で無く理解し、考え、働きかける為に、仕事をもう一歩掘り下げる為にも経済学を改めて体系的に学び直したくなったのだ。「速習!学びなおしの経済学」を受講し、その後、「入門経済学第3版」(伊藤元重、日本評論社、2009年)を勉強し始めた。

時間は限られているのに、欲張りになっている。
[PR]
by YTR3320 | 2009-09-13 03:30 | 40代半ばからのトランペット