2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Tp3年目:トランペット自習プログラム

こうしたら上手くなれるかも知れないとあれこれレッスンの復習・予習プログラムを考えて試してみるのは楽しい。

最近はレッスンの復習・予習をA.ウォームアップ、B.基本技術とレッスンで習っているアーバンのデュエット曲の復習・予習、C.ジャズの基本トレーニング、D.ヤマハジャズトランペットクラスの宿題、E.クールダウンの5つのパートに分けて、毎回出来るだけ5つ共さらうようにしている。練習時間が短い時は、それぞれのパートを短くしたり、パートを一つ飛ばしたりもする。

それぞれのパートの中身は少しずつ変わって行くが、今は次のような中身だ。
A.ウォームアップ:
楽な姿勢でドレミファソラシドと歌う/笑ったり色々な表情をしてみる/半音階(沢山の息で口の中を広く、上半身の力を抜いてピストンを早く押す)/リップスラー(息をとぎらせない、音の変化を聴く)/タンギング 
B.基本技術:
属七の基本パターン/高い音への挑戦/指を速く動かす訓練(タンギングはせず、ロングトーンの延長で)/アーバンのデュエット曲の復習/楽譜に記載のリズムを正確に取りながら音階で歌う 
C.ジャズの基本トレーニング:
目的は基本フレーズとスイングの基本感覚(基本リズム)を身体で覚えること。ATN Inc.から翻訳が出ているBlues Improvisation Completeを本に書かれている練習方法で地道にDのブルースからさらい始めた。
D.ヤマハ宿題:
その月に指定された作曲の宿題/課題曲のアドリブ/そのための訓練としてドレミファソラシドだけでメロディを頭に浮かべて吹く(テンポは120くらい)
E.クールダウン:
楽に出る音 をゆっくりと吹き気持ちよく練習を終える/Gの口の形を保ったまま低いBを吹くという原朋直さんから教わった唇の回りの筋肉強化練習。
[PR]
by YTR3320 | 2009-05-13 00:13 | 40代半ばからのトランペット