2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

YTR3320の旅

1988年の7月、僕はYTR3320を当時私が住んでいたアラビア半島の建設現場に連れて帰った。建設現場は日本から地球1/4ぐらい西に回ったところ、沖縄のはるか南、香港とほぼ同じ緯度、北緯20度よりちょっと南にあった。派遣期間が終わって日本に帰国した時にもYTR3320を持って逆向きに同じルートを辿った。YTR3320は地球を半周したことになる。

成田からバンコックか香港まで飛行時間6時間か8時間位。そこで飛行機を乗り換えアラビア半島まで確か8時間ぐらい。そしてアラビア半島を横断して紅海側まで更に一時間半か二時間。乗り継ぎの時間を含めると成田からアラビア半島の西側まで20時間から22時間ぐらいだった。そこから私が住んでいた建設現場内の仮設住居まで陸路で120キロぐらい。車で一時間40分ぐらいだ。途中でたまにパンクか何かの原因で動かなくなったり、ひっくり返ったりしている車を見るような道だった。ああ、ラクダが悠然と道を横切ったりもしていた。ラクダはぶつかると車が大破するので危険なのだそうだ。そんな道中を手荷物としてずっと抱えたまま、飛行機と車を乗り継いでキャンプにYTR3320を連れて帰った。

住んでいたのは、西側が紅海に面し残り三方を沙漠、土漠に囲まれ延長20キロメートルのフェンスで囲われたプラントの建設エリアの中の居住区だった。トレーラーで運搬できる仮設住宅をいくつもつなげたものの中の四畳半の部屋が僕の部屋だった。トイレ、シャワーは共用。個室で、クーラーも部屋毎に付いていたのだから随分恵まれた環境だった。

とは言え、外に出るとそこは精々40度まで気温が上がるかどうかとは言え、高温多湿の環境。よくまあ、そんなところに買ったばかりのトランペットを持って帰ったものだと、今振り返ってみれば思う。サックスにしなくて良かった。
[PR]
by YTR3320 | 2009-04-12 22:18 | 40代半ばからのトランペット