Tp10年目:Bluesのトレーニング   

2016年 11月 23日
iReal Proで作ったマイナスワンを聴きながらブルーススケールの音だけでアドリブを吹く練習をしている。一回の練習で一つのキーを20コーラス吹くと言う練習だ。

12キーを一巡して二巡目に入ったところで、ブルースをもっと勉強したくなった。そこで7年前に取り組みかけて「Section 1 ブルース・スケールの練習」を終えたところで止めていた『Blues Improvisation Complete』(ATN Inc.)を引っ張り出してみた。

まず「Section 2ブルース・スケールを使った1小節のアイディア」を書かれている練習方法通りにじっくり取り組むことにした。このSectionには一つのキーにつき24個の1小節フレーズが載っている。E♭を1音1音タンギングしながらテンポ80くらいで吹いてみた。7年前は歯が立たなかったけれど、音域が広がりブルース・スケールを覚えた今ならなんとかさらえそうな感触を得ることができた。単純なトレーニングなのだけれど、少しずつ自分の引出しを増やせるのが楽しい。
[PR]

# by YTR3320 | 2016-11-23 19:01 | 40代半ばからのトランペット | Comments(0)

Tp10年目:身体の中の回路が繋がっていく   

2016年 11月 13日
トランペットの練習を続けていると習い始めた時にはとても無理と思っていたことや、数日前まで四苦八苦していたことが「あれ?今日はできたよ^_^」となる事がある。その瞬間、身体や頭の中の回路が繋がった感じ。繋がっている回路も増えてくる。楽しい。
[PR]

# by YTR3320 | 2016-11-13 17:53 | 40代半ばからのトランペット | Comments(0)

Tp10年目:アーバンのデュエットも再開   

2016年 11月 07日
発表会に向けたレッスンのために中断していたアーバン金管教本のデュエット曲のレッスンを再開した。再開後の最初の曲はNo.32 "MELODY"。3拍子を軽やかに吹くこととシンコペーションがこの曲での私の課題。

ジャズトランペットとは別に個人レッスンを受けてアーバン金管教本のデュエット曲を教わっている理由は、トランペットそのものの基礎、合奏(和音、リズム、メロディ)の基礎を習得するため。中学、高校の音楽の授業以外では殆ど楽器に触れたことがなく、音楽そのもののもさほど聴いてこなかったのに40代半ばからトランペット、ジャズにチャレンジ始めた自分に取って必要なことだ。
[PR]

# by YTR3320 | 2016-11-07 07:20 | 40代半ばからのトランペット | Comments(0)

Tp10年目:発表会シーズン終了後の練習   

2016年 11月 04日
今年の発表会シーズンが終わったので、来年の発表会やセッションの為に3つの取組みを始めた。

一つは優れたジャズの演奏を良い音で聴くこと。ライブに行くのが一番良いけれど、お金と時間の制約があるので、そうそうは行けない。そこで良いスピーカーのあるジャズ喫茶に時間を見つけて行くことにした。ある程度の広さの空間で良いスピーカーから聴こえる音楽はiPhoneからヘッドホンやポータブルスピーカーで聴く音楽とは全く違う。合奏としてのジャズ、曲の流れ、それぞれの楽器のニュアンスなどを感じることができる。

二つ目は、ブルースをブルーノートスケールの音だけで吹くこと。これは基本中の基本。目標はマイナスワン無し、伴奏無しに12キーでブルーノートスケールの音だけ使ってブルースを吹けるようになること。今はマイナスワンを聴きながら1回の練習で一つのキーを20コーラスくらい吹いている。コード進行やスケールは見ずに耳を頼りの練習。

三つ目は『日本人のためのリズム感トレーニング理論』(友寄隆哉、リットーミュージック、2014年)。2年前に読んだときは良く分からず、トレーニング部分もやりかけたものの進まなかった。改めて読み直したらジャズトランペットのレッスンで聞いたことや考えてきたことに合致するところが色々あった。書かれていることをものにするには3年か5年か何年か掛かりそうだが、焦らずに一つ一つ身に付けることにした。まずは第5章リズムの読み方・感じ方に書かれているメトロノームを使ったIn Twoの練習。
[PR]

# by YTR3320 | 2016-11-04 23:20 | Comments(0)

Tp10年目:ブルーノートスケールの音だけでブルース   

2016年 10月 13日
10年前に手も足も出なかった事が出来るようになったのは嬉しい。

今日はコードトーンの暗記の為にに始めたブルースの練習の4回目。Cのブルースを1回目として4度進行でF、B♭と進んで4回目の今日はE♭。

最初はマイナスワンを聴きながらコードトーン中心にアドリブを組み立てたが、途中からブルーノートスケールの音だけ使ってフレーズを作ることにした。やってみたら出来た。10年前には全く出来なかった事だ。嬉しいな。
[PR]

# by YTR3320 | 2016-10-13 23:24 | Comments(0)